准看護師制度の注意点

准看護師として経験を積んできている方の中には、「准看護師制度を利用して看護師資格を目指そう」と考えている方も多いと思います。准看護師から看護師へとスキルアップ出来れば仕事の幅を広げることが出来ますし、収入などもアップさせることが出来ますから魅力的ですよね。しかし、准看護師制度の通信教育は、准看護師であれば誰でも利用できるとは限りません。そのため、利用の際には注意が必要。
准看護師制度の通信教育の注意点についてポイントをおさえておくことが大切です。まず、准看護師制度の通信教育を利用するためには准看護師としての経験が10年以上なければ条件をクリアしていることにはならず、入学することは出来ませので注意が必要。経験が10年満たない場合にはそれまで待つか、もしくは違う方法で資格取得を目指す必要があります。しかし、放送大学や学校へ通ってなどで勉強を続け、先に単位などを取っていくことは出来ますから、今から準備をしておくことは出来ます。通信教育を利用する際には養成所が基本となります。62単位揃えることで卒業出来、国家資格を受験することが可能となります。放送大学で単位を取得している場合には、総単位数の2分の1を取っていれば養成所単位として振り替えることが出来ます。また、紙上事例演習が行われ、レポート提出が必要です。このレポートは各養成所によって決めることになりますから、入学した際に確認しておくことが必要。「効率的に単位を取っていきたい」と考えている方は放送大学を活用することで、スムーズに単位取得をすることが出来るでしょう。
このように、准看護師制度の通信教育は注意点もあります。それぞれ、置かれている環境や仕事の状況なども変わってくるでしょうから、無理のない学習が出来る様に考えていくことが必要となるでしょう。

Feed

http://linuxcranks.info / 准看護師制度の注意点